2018年06月04日

畑仕事。

今日の置戸は朝から太陽の強い日が差して
これから暑くなるぞ!とうい気配です。
予報では31℃になるそうです^^;
東京と変わらない気温ですね;;

昨日東京・中野のモノ・モノにて行われた置戸の木を使って作る木トンボつくりは
ご近所の元家具職人のおじいさんが講師として飛び入り参加されたそうです。
よく飛ぶ木トンボが出来たでしょうか。
ご参加していただいた皆様ありがとうございました!


一方置戸では、
夏本番前に家の畑の準備をしていました。
2018.6.1mame.jpg
サヤも豆も食べられるヤサイ豆とカボチャの苗の植え付け
白い不織布の下にはジャガイモ

2018.6.1hausu.jpg
ハウスの中には葉物野菜
見えない反対側にはトマト&ピーマン&絹さや

これは4月に植えたラディッシュ?
2018.6.1akakabu.jpg
成長しすぎて下の部分が異様に太くなっちゃいました^^;
赤い部分にスが入り味は落ちていましたがサラダにしていただきました。
(使用しているハンドルトレーは旧タイプの形です。)

収穫出来る野菜も増えてきて
草の生長にせかされる嬉しいような忙しい季節です!
posted by akiko at 11:30| Comment(0) | 日記

2018年06月01日

モノ・モノへ行こう*

今日から「オケクラフト展 in Tokyo 2018」始まりました。

中野駅から歩いて3分ほどの場所にある
古いマンションの矢印に導かれて進む先にあるモノ・モノの引き戸。

中に入ると木のモノであふれるやさしい空間に包まれます。
大きな駅の近くとは思えないほど落ち着いている場所 モノ・モノで、
置戸の自然を感じられる木工品・草木染め
オケクラフトをお楽しみください。

開催期間
6月1日−17日 11:00〜18:00 (※6/6(水)・6/13(水)は休業)

モノ・モノへのアクセス
https://monomono.jp/?page_id=301



happy-logo.jpg
posted by akiko at 16:49| Comment(0) | 日記

2018年05月30日

いよいよ始まります“オケクラフト展 in Tokyo 2018

いよいよ“オケクラフト展 in Tokyo 2018”が今週6月1日から始まります。
そして6月3日(日)には、「置戸町の木で「木トンボ」を作ろう!」ワークショップを開催します。
木トンボとは、木板を削り出して作る竹トンボのことで、製作時間は約1時間、親子で参加できます。写真のように1セットで4種類の木トンボが作れます!
kitonnbo.jpg
オケクラフトの作り手2名が講師を担当します。
参加費は1名様500円(税込・保険代込)
11時・13時・15時30分スタートの3回入れ替え制。各回の定員は15名。予約制です。モノ・モノさんのウェブサイトからお申込みください。
モノ・モノ https://monomono.jp/?p=3949

木トンボとは
木で作る竹とんぼのことです。
オケクラフトを命名した秋岡芳夫先生(1920〜1997)が
木トンボ作りに熱中していました。
秋岡先生の作る木トンボは驚くほどよく飛んだそうです。

今回のオケクラフト展 in Tokyo 2018では
木トンボにちなんで木トンボ型のしおりも登場します。
2018.5.30siori.jpg

都内ではなかなか見ることのできない
木目のうつくしいオケクラフトたちが皆様のおこしをお待ちしております。
posted by akiko at 09:39| Comment(0) | 日記
title_happylife.jpg