2018年06月01日

モノ・モノへ行こう*

今日から「オケクラフト展 in Tokyo 2018」始まりました。

中野駅から歩いて3分ほどの場所にある
古いマンションの矢印に導かれて進む先にあるモノ・モノの引き戸。

中に入ると木のモノであふれるやさしい空間に包まれます。
大きな駅の近くとは思えないほど落ち着いている場所 モノ・モノで、
置戸の自然を感じられる木工品・草木染め
オケクラフトをお楽しみください。

開催期間
6月1日−17日 11:00〜18:00 (※6/6(水)・6/13(水)は休業)

モノ・モノへのアクセス
https://monomono.jp/?page_id=301



happy-logo.jpg
posted by akiko at 16:49| Comment(0) | 日記

2018年05月30日

いよいよ始まります“オケクラフト展 in Tokyo 2018

いよいよ“オケクラフト展 in Tokyo 2018”が今週6月1日から始まります。
そして6月3日(日)には、「置戸町の木で「木トンボ」を作ろう!」ワークショップを開催します。
木トンボとは、木板を削り出して作る竹トンボのことで、製作時間は約1時間、親子で参加できます。写真のように1セットで4種類の木トンボが作れます!
kitonnbo.jpg
オケクラフトの作り手2名が講師を担当します。
参加費は1名様500円(税込・保険代込)
11時・13時・15時30分スタートの3回入れ替え制。各回の定員は15名。予約制です。モノ・モノさんのウェブサイトからお申込みください。
モノ・モノ https://monomono.jp/?p=3949

木トンボとは
木で作る竹とんぼのことです。
オケクラフトを命名した秋岡芳夫先生(1920〜1997)が
木トンボ作りに熱中していました。
秋岡先生の作る木トンボは驚くほどよく飛んだそうです。

今回のオケクラフト展 in Tokyo 2018では
木トンボにちなんで木トンボ型のしおりも登場します。
2018.5.30siori.jpg

都内ではなかなか見ることのできない
木目のうつくしいオケクラフトたちが皆様のおこしをお待ちしております。
posted by akiko at 09:39| Comment(0) | 日記

2018年05月21日

春の香り

庭にシユリザクラを植えて6年。
見上げるほどの高さに育ち沢山の花を今年もつけています。
房になって咲くシユリザクラの白い小さな花は、
よくみれば桜の花らしい5枚の花びら。
シユリザクラの木のそばに行くとふわっと花の香りがします。
2018.5.21siyuri.jpg

2018.5.21siyuri2.jpg

シユリザクラの後に植えたヤマザクラにも今年はじめて花が2輪つきました。
やっと咲いたピンクの花。
とってもかわいいです。
2018.5.21yama.jpg
それと 
エゾエンゴサク・ニリンソウ・オオバナノエンレイソウ・スイセン・・
色々な花が咲く春

外に出れば色々な花や草や土の香りの混じった春の香り

この香りをかぐとなんだか体の中から力が湧いてくる感じがします*

HappyLifeFactoryのトップ写真 変更致しました。
happy-logo.jpg
posted by akiko at 10:24| Comment(0) | 自然
title_happylife.jpg