2018年01月17日

ストーブ

冬の北海道は当たり前ですが寒いです><!!
今朝の朝の気温は−11℃・・・
工房スノーグースは元々牛舎のため広くて、
朝−10℃以下の日は薪ストーブではなかなかなかなか温まりません;;

そんな時に活躍しているのが写真のストーブです^^ 
snowgoosehaiyu.jpg
このストーブは廃油を燃料にしていてしっかりと工房を温めてくれます!
あまり熱くなると本体が傷みやすくなるので、使うときには後ろのファンを回しています。

廃油はご近所の農家さんからいただいています。
ドラム缶でいただく廃油は工房主が器用にリフトで倒して
コックを取り付けて廃油ストーブに入れています。

haiyu.jpg
このドラム缶を倒すのが大変らしく
真冬に汗をかきながら工房主が頑張っています^^;


大変と言っても燃料代はとて〜も助かっています*
ご近所さんに支えられている工房スノーグースでした^^
posted by akiko at 22:30| Comment(0) | 工房案内

2017年08月13日

工房案内 その2


工房案内 第2弾**
2017.8.6snowgoose7hasirai.jpg
 工房スノーグースの壁に立てかけられた古い柱 この柱も立派な材料なのです。
この柱は黒く見えますが削る赤い綺麗な木目が現れシウリザクラだとわかります。
この柱からトレーが作られたり薄い材料はしおりにしたり、
薪として暖をとったり無駄なく使われます^^

HITACHI製機械はバンドソーと言って帯状の刃がグルグル回って木を切ります。
2017.8.6snowgoose5band.jpg

KIKUKAWA製の機械はリップソー 
下についているキャタピラに角材を載せ機械に通して上部を削ります。
これらの機械を使い大きな木をきどりします。
2017.8.6snowgoose4rip.jpg

他にも沢山の機械があるのでまたご紹介いたしますね^^
posted by akiko at 12:00| Comment(0) | 工房案内

2017年08月07日

工房スノーグース

HappyLifeFactoryで取り扱っている商品の多くを製作している
“工房スノーグース”の工房内をすこしご案内します。

工房の窓には工房名の看板とヒンメリが飾ってあります。
2017.8.6snowgoose8.jpg

工房の中は広く色々な機械が並んでいます。
この工房は元々牛舎!工房を開設したときには牛の匂いがかなりしたそうです^^;
2017.8.6snowgoose.jpg

工房開設16年たった現在は木の匂いが充満する工房となりました。
今取りかかっている製品はウォルナットの”箸立て”写真は四隅にチギリを入れているところです。
2017.8.6snowgoose2.jpg
チギリとは接着した木が開かないように補強する木のことです。
製品のアクセントにもなるのでデザインと実用を兼ねています。
ランチョントレーの四隅にも入っています。

工房案内 本日はここまでです。
またご案内致します〜(^^)
posted by akiko at 20:56| Comment(0) | 工房案内
title_happylife.jpg