2018年05月30日

いよいよ始まります“オケクラフト展 in Tokyo 2018

いよいよ“オケクラフト展 in Tokyo 2018”が今週6月1日から始まります。
そして6月3日(日)には、「置戸町の木で「木トンボ」を作ろう!」ワークショップを開催します。
木トンボとは、木板を削り出して作る竹トンボのことで、製作時間は約1時間、親子で参加できます。写真のように1セットで4種類の木トンボが作れます!
kitonnbo.jpg
オケクラフトの作り手2名が講師を担当します。
参加費は1名様500円(税込・保険代込)
11時・13時・15時30分スタートの3回入れ替え制。各回の定員は15名。予約制です。モノ・モノさんのウェブサイトからお申込みください。
モノ・モノ https://monomono.jp/?p=3949

木トンボとは
木で作る竹とんぼのことです。
オケクラフトを命名した秋岡芳夫先生(1920〜1997)が
木トンボ作りに熱中していました。
秋岡先生の作る木トンボは驚くほどよく飛んだそうです。

今回のオケクラフト展 in Tokyo 2018では
木トンボにちなんで木トンボ型のしおりも登場します。
2018.5.30siori.jpg

都内ではなかなか見ることのできない
木目のうつくしいオケクラフトたちが皆様のおこしをお待ちしております。
posted by akiko at 09:39| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

title_happylife.jpg