2015年06月22日

不思議なヤブマメ

最近気になる植物があるんです。

それは“ヤブマメ”

わが家の庭に群生して絡まって生えるマメ科の植物です。

このヤブマメを引っこ抜いてみたら1cm程のマメがついていて

2015.6.22yabu.jpg
今まであまり気にしていなかった植物でしたが、
立派なマメがなんだか美味しそうだったので
食べられたりするのか気になって調べてみました^^

2015.6.22yabu2.jpg
すると、
なんとアイヌの人々がヤブマメをアハあるいはエハと呼んで
春先の食料の乏しい時期に掘り起こして食べていたとの記述を発見しました。

食べ方は ご飯と一緒に炊いた混ぜご飯・茹でて油をつけて食べるなどでした。
栗のような味がするらしいですよ。

さらに“ヤブマメ”を調べるとなんとも不思議な植物で
地上に藤の様な小さな花を咲かせて実をつけますが、
花を咲かせない閉鎖花もつけて実をつけるそうです。
そして、
地中にも閉鎖花をつけて実をつけるようです。
地上の実は小さくてサヤに3粒くらい入っているのに対して
地中の実は大きいくサヤに1粒だけと
大きさも形も違うのもビックリ!

地中に実をつけるというとジャガイモのように思いますが、
ジャガイモは茎が肥大したもので全く別ものでした。
落花生の様に花をつけてから地中にもぐって実をつける訳でもなく
地上と地下から繁殖するなんて凄い!

ん〜なんとも不思議な植物です

今年はこのヤブマメの観察をしてご報告します〜*
マメも食べられたらいいな♪
【植物の最新記事】
posted by akiko at 17:28| Comment(0) | 植物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

title_happylife.jpg